七五三について|七五三撮影はフォトスタジオがベスト!証明写真も撮れる

七五三撮影の前に、着物の種類について学ぼう!

七五三について

子供

7歳女児

七五三撮影は年齢に応じて衣装が変わります。7歳の女児の場合は、着物に帯を用いるでしょう。より大人っぽさが出てきます。落ち着いた雰囲気を醸し出すことができるのです。七五三の飾りとして、しごきなども用いられます。

5歳男児

5歳になると、知性も出てくるでしょう。七五三で、始めて袴を履くことになるのです。羽織袴が一般的だと言えます。最近ではデザインのオシャレになってきているので、様々な種類を選ぶことができるでしょう。ただ、服装が乱れないように注意です。

3歳女児

髪を伸ばし始める年齢と言えるでしょう。一般的には上着に被布を重ねます。また、巾着を持つのも特徴です。着物の柄に合わせて巾着を選ぶようにしましょう。お宮参りに来た着物を、七五三でも転用することがあるのです。

関西と関東で変わる?祝いの年齢と祝儀袋の違い

年齢の違い

地域によっては、七五三を行なう年齢にも違いがあります。関西では男児も3歳と5歳、二度七五三を行なうのです。一方の関東では、5歳の時だけ七五三を行ないます。

結び方の違い

関西では祝儀袋を鮑結びにすることが多いと言われています。ですが、関東では一般的に水引の蝶結びを用いるのです。また関西や関東以外の地域でも、これ以上に様々な違いがあります。

広告募集中

Copyright©2017 七五三撮影はフォトスタジオがベスト!証明写真も撮れる All Rights Reserved.