32歳になっても恋愛したい!女性の恋愛経験談まとめ

大人になってからの恋愛は惚れた腫れただけでは進みません。

まして30歳もこえると結婚・出産などの要因もあって、気軽な学生のような恋はできなくなります。

だからといって消極的になりすぎてもいけません。

今回はアラサー女性から募った恋愛体験談を紹介します。

ぜひ新たな恋愛のための参考にしてくださいね。

 

神かよっというくらい優しい彼

20代の時は、自分で言うのはあれやけど男に困ったことはなかったです。

モテたということではなく、付き合うと長続きしてたし別れたらすぐ彼氏はできてたんです。

27歳まで5年付き合っていた人と別れて結構へこんで3年ほど彼氏は作らずにいました。

30歳になったときにさすがに結婚を意識し始めて彼氏を探そうと思いました。

そんな時に10歳年上の職場の先輩を好きになり頑張ってプッシュして付き合えることに。

30歳になっていた私は20代のころよりはかなり落ち着いた格好もしてたから自分では「歳いったな〜」と思ってたけど、10歳も年上の人と付き合うとにかく可愛がってくれました。

相手がバツ1だったのもあり色々苦労してる人だったので人の痛みには敏感だったし、思いやりもありとにかく優しいんです。

その人とは結婚することになり、30歳になって結婚に焦っていた私にとってはもはや「神かよっ!!」ってぐらい優しくて、毎日充実しています。

彼氏がいないアラサーの方にアドバイスするとすれば、バツ1に抵抗がある人などがいればそれは間違いだということです。

私も周りからバツ1はやめてたほうがいいよと言われたりしましたが、いろいろ苦労している人のほうが人の痛みによく気付いたり同じ過ちを繰り返さないように努力したりする人もいるので、そこは分かってほしいですかね。

あとはお金がすべてではないってことですかね。

お金があっても人間が出来ていなければ結局苦労するんやから、多少お金に困っていても思いやりのある人を探すのが一番だと思います。

 

今までなかった年下男性と

学生時代は同級生とばかり付き合っていて、年の離れた男性と付き合うのは躊躇していました。

6歳下の彼と出会った時、私は30歳で銀行員をしていました。

外見は綺麗目なOLの格好をしていました。

男性からよく声をかけられていました。

しかしその頃私は強い結婚願望があり、結婚相手を探しているのに同年代の誠実な男性はみんな結婚していて、女性をただの遊び相手や彼女としてしか見ない男性からしか声がかからず悩んでいました。

そんなとき友達の紹介で6歳下の彼と出会いました。

6歳も上の自分が恋愛対象になるのか心配でした。

彼が6歳下なので、デートは若者向けのディズニーやお台場が多かったです。

しかし精一杯私に合わせてくれた彼とは1年付き合って結婚しました。

30歳過ぎても、相手に求める条件を広げることでいい出会いにつながると思いました。

 

どっちつかずのツライ恋

これまでの恋愛は片思いや憧れの延長が多い方です。

付き合った人数は少なく殆どが遊びばかりでした。

その代わり、付き合った相手とはいつも年単位のお付き合いをしてきました。

お話するお相手と知り合ったのは私が30歳の時で、相手は46歳。

私はそのころ水商売を辞めようか悩んでいる時期でした。

付き合っている恋人もいる時期で、ちょうど相手をちゃんと好きになれたばかりの時期でした。

仕事関係で仲間内から紹介されて、その日も仕事終わりのラフな格好の日でした。

相手の事は名前だけは知っていたものの、あまり良いイメージがなかったのであまり関わりたくないなぁと思っていたのが正直なところです。

そう思っていたものの、仲間内での集まりではいつもいてよく私に絡んできていました。

その時の彼氏から狙われてるから気をつけるようにと言われていたのもあって、なるだけ距離を取るようにしていたものの、いつも気付いたら隣にいる事が多く困っていました。

そのうち彼氏との喧嘩が増えるようになり、別れを考えている時の浮気相手になったのがこの相手でした。

たまたま二人で帰る方向が一緒になり、精神的に参っている状況の時にもういいやって気持ちで相手に着いて行ってしまいました。

そのくせ、後々大号泣して全てを話し、関係を持ちつつも良き相談相手になっていました。

その後、彼とは別れたのですが、男性とは付き合う事もなく仲間内で会ったら一緒にいるような状況が続きました。

そうこうしているうちに、相手に彼女ができていました。

その時はまだ自分の気持ちには気づかず、逃げ場くらいに思っていました。

好きなのかな?という気持ちもありましたが、好きになってはいけない人とどこかで割り切っていました。

しかし彼女と別れた後にはまたよく話すようになり、気づけばセーブが効かなくなり自分の気持ちに気づきました。

私の気持ちにも気付いてるのかもわかりませんが、いつも気づけば隣にいる。

今でも何も変わらず、ただ関係を持つ事はなくなりました。

追い掛ければ逃げられ、逃げれば追い掛けられる。そんな関係だけが続いています。

もっと早く行動していればと後悔ばかり。

だからこそアラサー世代になったらただ待つだけではいけないという事、切り替えも大事だという事が全ての女性に言えるのではと思います。

どんなに好きでも、先の見えない不安が続くのは辛い事です。

時には、自分から終わりを恐れずにはっきりと伝える事が大事だと思いました。

どうか皆さんは私と同じような状況にならないようにしてください。

 

30代の恋の違い

私は今まででお付き合いした人は5人しかいません。

一人目は、高校時代、女性で同じ歳の末っ子。

明るくて一生懸命でワンコみたいにかわいかった。

今でも仲良し。

二人目は、専門学校時代、同じ歳の末っ子。

身長はあまり高くないけれど馬面でV系ぽいあんまりしっくりしなかった。

私に色んな意味で傷をつけた人

三人目は、バイト先の高校生、長男でしたが年下。

元気で明るくて皆に好かれててフットワークの軽い子。

私の事で親御さんと拗れて今はもうこの世にいない

四人目はバイト先の年下、しかし長男。

かっこよくて頼りになって今までで初めて甘えられた人だったけど、浮気されて私は捨てられた。

五人目は仕事で会う2つ年上のお客さん。

しかし私も30代になってから、視野が広がり自分の時間も大事にするようになった。

昔は迎えにきてもらうのが当たり前と思っていたけど、自分から行くようにもなった。

前は毎日会いたいって思っていたが、相手の都合も考えるようになり、連絡も取れる時にとるようになった。

30過ぎての恋愛は昔よりも慎重になった。

やっぱり結婚も視野に入れていこうとゆう気持ちが20代の時よりも大きくなってきている。

仕事も大事なので相手にもちゃんと仕事が続いている人恋愛したいとは思います。

あと相手を思いやる気持ちを持っている人や家族仲がいい人と恋愛したいって思うようになりました。

あとはコミュニケーションがちゃんととれる人とかを重要視して恋愛したいと思っています。

 

年上男性との切ない思い出

40代で未婚の私は「恋愛」についての思い出が少なく、人に語るほどのものではないのですが、今思い出しても切なくなるあの頃のお話をします。

彼と出会ったのは24〜5歳の頃、私の会社に出入りしている取引先の7歳年上の男性でした。

毎日会うわけではないですが1週間に1,2度のペースで来社されていました。

最初は挨拶をするだけの間柄で特別な感情もありませんでした。

そのうちに、天気の話から始まり、食品を扱う会社だったので、昼食は何を食べたかとか、近くにお勧めのお店はないかなど、少しずつ世間話をするようになりました。

30歳を過ぎた頃、出会ってから初めて「食事に行きませんか」と誘われました。

当時私は、大好きだった人にこっぴどく振られていて落ち込んでいました。

気分転換になるかもと思って誘いをOKし、カジュアルなイタリアンレストランに出かけました。

取引先の人だったし世間話はするようになっていたものの、親しい間柄ではなかったので、何を話したものかと少し緊張していました。

しかし彼は私の緊張をものともせず、いつも通り何気ない会話をしてあっという間に時間が過ぎて行きました。

正直に言ってとても楽しかったことを覚えています。

それから1か月に1度の割合で食事に出かけるようになりました。

いつしか私は彼が誘ってくれるのを心待ちにするようになっていました。

メールも1日に数回くれるようにもなっていましたし、私の中では特別な人になっていました。

そして1年ほどたった頃、「お休みの日に一緒に出かけませんか」と誘われました。

初めてでした。

いつもは会社の帰りに2〜3時間食事をするだけの感じでしたから。

しかしその時彼は「実は自分は結婚している」と告げてきたのです。

勝手に未婚者だと思い込んでいた私は驚き、そしてかなりショックでした。

「離婚はしないけど君のことが好きだからこれまで通り付き合ってほしい」と言ってきたのです。

なんて勝手な言い草なんだと怒りもしましたし、彼とはかかわらないようにしようと決心しました。

けれど、私も彼が好きだったのです。

急には気持ちがついていかず、それからも彼とは食事に行ったりしていました。

それから3年が過ぎた頃、私は人事異動で部署変更になりました。

新しく配属された部署でも彼は営業としてやってきていたのです。

そこで、派遣さんとしてこられていた年上の噂好き女性が彼を指さし「彼はね、Bさんと恋仲なのよ」と教えてくれました。

それから彼女は、根ほり葉ほり彼とBさんとの話を聞いてもいないのにしゃべりだしました。

なんと私と出会ってから、ほとんど重複した期間をBさんとも付き合っていたのです。

見抜けなかった私は自分が情けなく、ようやく本気で彼と距離を置くことを決意することができたのです。

それから私は何度かの人事異動を重ね、3年前にその会社を退職しました。

彼とはもう5年以上連絡を取っていません。

彼と過ごした10年の月日は、私にとってなんとも苦く切ない思い出です。

もし今彼と会うことが叶うならば、あの頃の本当の気持ちを聞きたいと思っています。

取引先の女子社員をからかっていたのか、それとも、本当に好意を持っていてくれたのか。

考えても詮無いことですが。

 

いきなり式場の見学会に

20代までは、自分から告白しなくてもすぐに彼氏ができて彼氏がいない期間が少なかったのですが、年齢を重ねていくうちにだんだん自信がなくなってきたのはなんとなく感じていました。

私は年上が好きだったので30過ぎると年上の恋愛対象は結婚しているか、バツありか結婚したくない男性ばかりになっていました。

見た目は体型も保つようにして綺麗めなファッションを心がけていたら、通っている10歳上の美容師さんと仲良くなりLINEを交換して付き合うようになりました。

周りが結婚していくなか焦っていたのもありますが、彼に付き合うときに結婚をする気持ちがないなら付き合わないでほしいと強い気持ちを持っていったところ、その気持ちを証明するねと言われて結婚式場の見学会連れていかれて結婚の約束をしてくれました。

やっぱり自分の意思は強くもって相手に伝えないといけないのだなと。

そして交際してまもなく結婚して今は子供もいます!

 

彼の言葉を信じてているが…

学生時代はそれなりに恋愛はしていましたが、遠距離や就職などで続いても3年が最長で短かった人は3週間で別れたりしていました。

就職してからはいわゆる不倫の関係になってしまっていました。

30歳からもその関係が続きました。

相手は40歳で私は32歳でした。

奥さんとはうまくいっていなかったので、いつかは離婚して私と結婚してくれると言っていました。

ひと目を避けるためデートはたいていホテルで待ち合わせる感じでした。

夜に待ち合わせて朝になると帰っていくという感じでした。

私の誕生日の日にとっても高級な旅館に連れて行ってくれました。

お風呂もお部屋についていて、部屋もとても広くて感動しました。

今もまだ付き合っています。

最近は私も35歳になって結婚に焦ってきたので彼に伝えていますが、彼も今は忙しいみたいです。

 

目線を変えて年下男性とじっくり恋愛

30歳を過ぎると魔法が解けたの!?位に周囲の男性からの扱いが変わってしまいました。

特に30歳から35歳の結婚適齢期の扱いがぐんと変化します。

結婚を意識するから下手に期待を持たせないようにしようとしてくれているのかもしれませんが、20代との違いに愕然としました。

逆に20代後半の男性は結婚を意識していない(焦る気持ちが分らない)だけに気軽に接してくれました。

それまでは年上の男性が大好きだった私の気持ちもどんどんと変わっていきました。

もちろん結婚はしたいけど愛情を持てる人が良い!と言う変な拘りがあったので・・・。

なので己を見ようとしない30代の男性は諦めて、20代の男性と交流を持ち、その中で波長が合う!っと思えた20代後半の男性とゆっくりと愛情を育てていきました。

結婚に憧れはありましたが焦らずに楽しく生活していくうちに彼からサプライズプロポーズされました。

今は幸せです。

変に結婚に焦るよりも自分の幸せや周囲の幸せを見つめながら楽しく生きるのが一番だなぁ・・・と、思いました。

 

体験談
32歳でも彼氏が欲しい〜恋の体験談まとめ〜