32歳で結婚に焦りがある女性に送る体験談集

女性も30を超えてしばらくすると結婚に対して焦ってくる人が増えてきます。

そこそこモテていた人ですら危機感を持つくらいなので、恋愛経験が乏しいとあせる気持ちもひとしおでしょう。

中にはあきらめに似た境地に達してしまう女性もいるかも知れません。

今回は30代女性から集めたの恋愛・結婚の体験談を紹介します。

ぜひあなたの恋活婚活の糧にしてください。

晩婚化が進んだ現在では30を少し過ぎたくらいではまだまだ全然イケますよ。

 

重点を置くポイントと妥協ポイント

私は今までいろんな男性と付き合ってきましたが、結婚までは至らず別れていました。

現在の彼とは同じ職場で知り合い、友人関係を経て付き合うことになりました。

当時のお互いの年齢は私は31才で、彼は29才です。

彼と出会った頃は、他の人に告白されることもありましたが、結婚相手ではないと思って、断っていました。

なので正直、年齢的に焦りはありましたが、告白してくださる方がいたので、まだまだイケると思っていました。

今の彼からもアプローチがありましたが、結婚相手ではないとずっと思っていました。

しかし、月1ペースで会うことで、一緒にいて素でいれるし、楽しいなぁとだんだん気持ちが変化していきました。

しかし、彼への気持ちがloveなのかlikeなのか定めるのは苦労しました。

最終的にはプロポーズはまだされていませんが、結婚前提で付き合っているので、結婚したいと思っています。

30才を過ぎると結婚できる人という目線で探してしまうので、なかなか良い相手に巡り会えないと思いがちだと思います。

正直、彼の年収やライフスタイルなど気になる点はありますが、人柄が良いので結婚相手として選びました。

何に重点をおくかによると思いますが、完璧な人間はいないので、どこか妥協しないといけないと思います。

相手の理想ばかりあげずに、自分も良い女になれるように努力すると、きっと良い出会いがあると思います。

 

はじめから結婚前提の交際

30歳までには結婚したかったけど、それも叶わず年下男性とばかり何故か付き合ってきた。

一旦リセットしたくフリーになってて自分磨きに徹していた。

ある時、仲のいい男友達と久々に食事しようと連絡して会う当日、その男友達にこれからご飯に行かないかと別な友達から電話があり、何かの縁だと思って3人で食事することになった。

当時私は長く勤めていた職場を退職して資格を取りたくて遠くの学校に通っていた。

食事をした相手は私の地元で電気関係の仕事をしていた。

その人も地元は別のところで、毎日1時間くらいかけて職場に通勤していたことに親近感を覚えた。

外見は至って普通でメガネをかけて職場の制服。私のほうはシンプルにパンツとパーカーというラフな格好で会った。

普段から自分の格好はシンプルにパンツ系が多くスカートとかは滅多に履かない。

出会った時は制服だった彼も、2回目に会った時はシンプルにジーンズにシャツのカジュアル系。

ご飯を食べた時に意気投合して、日帰り温泉などの趣味があったので温泉巡りをしたりとデートを重ね気がついたら付き合っていた。

けど結婚がしたかった私は、彼にもし付き合うなら結婚前提でないと付き合えないと伝えた。

そこで彼の結婚に対する考えなども話し合いして付き合うことになり、1年後には結婚することになった。

親への挨拶や紹介などはスケジュールを決めていたので特別苦労することもなかったしスムーズに結婚までたどり着きました。

思い出といえば結婚前提だったのでいろんな式場にデートがてらまわって美味しいご飯やデザート食べたりしたのが忙しくも充実していた。

 

共通の友人がはからずも恋敵に

20代前半までには5人ほどお付き合いはそれなりにあった。

ファッションに興味があるわけでもなく、外に出ることも少ないから、当然出会いは減っていった。

彼氏が欲しいと言っている時期もあったけど、何か行動するわけでもなかったし。

介護職を始めて5年以上が過ぎて新しい施設に行ったとき、32で一つ上の今の旦那と出会った。

でも、プライベートの話は少しはするけど特に好みのタイプでもないし、職場の仲間に彼をすすめられることもあったけどずっと拒否していた。

彼と距離が縮まっていくきっかけになったのは、共通の友人。

仕事の愚痴とか多くなってきたころに一緒に飲みに行く機会が増えた。

仕事上、彼を支える立場になったことも大きい。

普段はわりと真面目に気を使っている人だけど、飲むとテンションが変わって、周りを困らせるようなことをしでかす人だった。

その姿が面白いと思うようになって、急速に彼に惹かれていく自分がいた。

しかし、共通の友人が彼の事を前から好きだと言っていて、相談にも乗っていた。

相談に乗ることで、彼の事を考えるようになっていたのも一つの要因。

友人は私の気持ちに気づいていたが、なかなか認めることができなかった。

私と彼がくっついたら面白いかもと妄想することもあったけど、友人の好きな人とわかっていて、自分が好きになるなんてありえないと。

彼はずっと前から私を思ってくれていたようだ。

付き合うようになった後、それまで通り友人と接してはいたが、お互いに複雑な気持ちだった。

まだ気持ちがあることはわかっていたし、どこまで2人の事を話していいものかと思う時もあった。

今は結婚して自分が職場を離れたこともあって、良い距離を保てている。

旦那は飲み会に誘われることも減り、必要最低限だけ参加している。

私を最優先に考える甘あまになりました。

 

バツ2彼とのデートは子供中心

私の恋愛遍歴は、きちんとお付き合いした人は4人。

後はノリでって人が数名だけでした。

当時私が31歳で会社事務員、彼は4つ年上で35歳のペンキ屋さんでした。

この頃の私は、ぽっちゃりなんていえないぼっちゃり体系。

なので服装は自分に入る服てな感じでした。

彼と出会う少し前に、10年間付き合っていた人と別れたばかりで、「大事な20代を無駄にしてしまった。何してたんだろう。」って思ってました。

なので一人でいたくなかったので、友人の経営する飲み屋によく行って騒いで遊んでいました。

そんな時、20代の頃に何度か面識のあった人が連絡を取りたいと言ってると言われ、フリーで寂しかった私は即OK。

その彼は結婚したって聞いてからまったく連絡を取っていない人でした。

週末、連絡が来て彼と会うことになりました。

彼はバツ2の子持ち(女 5歳)になっていました。

久しぶりに会う彼の印象は、こんな人だっけ?でしたが話してみると楽しくて、子供も最初は人見知りしていましたがすぐに懐いてくれました。

しかし、ここからが大変でした。

彼からは酔うと「付き合おう」的なことをいわれていましたが、毎回酔っているので本心なのか?っていう疑問があったからです。

今回の恋愛は子供がいる人だったので、中途半端な付き合いはできないと思っていましし。

子供を絶対傷つけたくなかったので慎重に話し合って付き合うことにしました。

子供がいる人とのお付き合いは初めてで色々戸惑いました。

まず、デートも子供が一緒。

彼と手を繋いで歩くこともないですし、買い物も子供の行きたい所。

私の場合は、子供が好きだったので楽しい時間でした。

子供のお遊戯会に行ったり、運動会に行ったり。

現在彼と子供とはまだ、籍は入れていませんが一緒に楽しく生活しています。

私の実家に子供がお泊りしたりと順調にいっています。

30歳を過ぎての恋愛だからとは限りませんが、バツがある人、子供がいる人と出会う機会も多いと思います。

バツがあっても子供がいても、好きな人と一緒にいれば楽しい毎日にすることができると思いますよ。

 

離婚したけど後悔はしていない

私は31歳の時に今の旦那さんと出会いました。

それまで恋愛に疎く、まともに付き合ったことがあるのは2度ほどでした。

見た目も地味でモテる感じではありませんでした。

最初に会ったのは会社(印刷関係)で、彼が社長と一緒に私を面接した時でした。(版下オぺレーターの仕事)

私は面接に通る事しか考えていませんでしたが、彼はそうではなかったようです。

最初から気になっていたみたい。

働き始めてかなり経った頃に親しくなり、いつの間にか付き合っている感じになっていました。

色んな場所に行ったり、ご飯を一緒に食べたり作ったりしたのはいい思い出です。

私は結婚願望はなかったのですが、ある日彼の方から結婚してくださいと言われてびっくりしました。

結婚できるとしたら今しかないのではと思いましたが、本当に彼でいいのか不安になっていました。

多少だらしないところのある人だったので、一緒に住んでうまく行くのかどうかとか、たまにコミュニケーションが取りにくくなるほど黙るのでどうしようと思っていました。

けれどダメなら離婚したらいいと思い、とりあえず結婚してみました。

今は結局離婚してしまいましたが、結婚したことを悔やんだりはしていません。

彼とは今でも連絡を取り合っています。

彼氏がいないアラサー女性の人は、もし機会があればよほど嫌な相手でなければとりあえず付き合ってみて、結婚云々ではなくてもその人と一緒にいて自分がどう感じるかということを考えてみるのもいいのではないかと思います。

無理に結婚しても離婚してしまうこともあるので、あまり婚活に熱心になりすぎない方がいいかもしれません。

 

惰性で続いていた心に気付かされた

30を過ぎてからは焦るどころか、自分のペースを確立していって結婚願望が20代に比べて薄れていったように思います。

20代の頃から付き合って、5年になる彼氏がいました。

彼とはまぁ結婚するんだろうなとは思っていましたが、仕事面に不安があり、結婚したらしっかりしてくれるのだろうか、心の奥ではもう少ししっかりした人がいいなとも思っていました。

そんな時、彼が事故に合い、ちょっと大きな怪我をしました。

私はそんな彼を支えていき、これを機に彼の性格も丸くなり、結婚をより強く考えるようになりましたが、色々な世話をしてるうちに恋愛感情がなくなっていき、情に変わっていることに気が付きました。

そんな時に職場の人との距離が近くなっていき、気になりはじめ、告白され、5年付き合った彼とは別れ、その職場の人と付き合いあっさり結婚しました。

 

12年ぶりに会った元彼の良さを再確認

私は35歳の専業主婦です。

今の旦那と出会った話をします。

今の旦那とは初めて会ったのは大学時代の18歳の時で、一度付き合っていましたが別れ、再開したのは30歳でした。

私は高校時代から、ずっと彼氏が途切れたことはなく、自分でも結構モテていた方だとは思います。

だけど、結婚に繋がることはなく、ずっときて焦っていました。

今の旦那に会うまでは、借金をしている男の人と付き合ったり、パチンコ中毒くらいギャンブル好きな男の人と付き合ったりしていました。

そんな時に元彼氏である旦那と出会ったのです。

昔私から振ったので気まずかったですが、その人と結ばれたくて猛アタックをかけました。

その甲斐あり、結婚する事ができました。

やはり、結婚を考える方は昔の知り合いがいいと思いました。

もう自己紹介の必要もないし、お互いの性格なども知っているので、安心ができます。

 

アラサー婚の方が家族の目は厳しい

私は結婚願望があまりなく、30歳を過ぎても見た目が若く割とモテていた方だと思うので一生独身だろうと思って過ごしていましたが、ひょんなきっかけから彼氏ができました。

当時私は30歳、彼は34歳で彼は少し結婚を焦っていたのかもしれません。

交際中は結婚の話など全く出ていませんでした、というより私が結婚したいと思っていなかったので彼も自然とその話を避けていたのかもと今は思います。

プロポーズを受けた時、私の実家が少し複雑だったので、相手の両親に納得してもらえるまでとても時間がかかりました。

お互い良い歳ということもあり、最後は根負けしたのかもしれませんが、無事結婚するに至りました。

私からアドバイスといえば、30歳を過ぎてからの結婚のほうが割と両親、家族の方がシビアになる気がします。

特に女の人は子供が産めるのかとか平気で傷つくことを言われたりするので、ある程度の強い覚悟が必要だと思います。

 

生活リズムが違いすぎて断念

30才を過ぎてからの恋愛はやはり結婚を前提にしてしまいます。

だからと言って始めから結婚話を持ちかけると重く感じられてしまうので生るべく出さないようにしていました。

私は32才で秘書をしていて彼氏はコンサルタントの仕事をしている2才年下の男性です。

とても仕事熱心で向上心があり、今の仕事に満足していなくて転職活動もしていました。

とにかく忙しい人で帰るのは深夜。いつも電話でエールを送っていました。

ファッションにも気を使っていて黒縁眼鏡がとてもよく似合っていて素敵でした。

私は仕事柄コンサバ系な服装を良くしていました。

彼氏のこととても好きだったのですが、私と生活リズムが違い過ぎました。

結婚してから上手く行かないんじゃないかと思うようになりました。

彼も同じ事を思っていたようです。

最初は強引に合わせていたのですが、やはりずっと一緒に生活していくことを考えたときに無理は良くないという結論に至りお別れすることになりました。

無理やり結婚すればどこかで破綻来ます。

焦る気持ちで前のめりになるのだけはやめたほうがいいです。